睡眠導入剤の危険性

睡眠導入剤とは簡単に説明すると睡眠薬のことです。眠れない時に使うものですが果たして副作用はあるのか?軽いのか?気になりますよね。なにせ3大欲の一つなのですから安全じゃないと怖いです。

睡眠導入剤の危険性

3大欲の一つ睡眠欲を睡眠導入剤で満たそう

ゆったりとリラックスできる睡眠を得る事で、人はとても満たされた気持ちになり、リフレッシュする事ができます。悩み事や心配事などのストレスがあると、なかなか寝付けないや、眠れてもすぐに目が覚めてしまうなどして、睡眠欲を満たす事は難しいです。そのような時に、睡眠導入剤を利用すると、心身ともにリラックスした状態になり、心地良く睡眠を取る事ができます。睡眠導入剤は、服用後30分程度で効果が発揮され、その効果は5時間程度持続する場合が多いです。体調などの影響により、効果が発揮される時間が遅れる場合もありますが、過剰に摂取してしまわないように、注意が必要です。睡眠導入剤は、精神科や心療内科などの医療機関で処方される場合や、処方箋がなくても購入できる物もあります。睡眠導入剤は、精神安定剤と同じ成分を多く含んでいるので、医療機関では、精神安定剤が処方される場合も珍しくありません。副作用は、あまり有りませんが、服用開始はじめの頃には、効果が長く持続し過ぎてしまう場合があるので、時間の余裕を持って服用すると安心です。服用するだけで、リラックスした良い睡眠を取る事ができる睡眠導入剤ですが、長期間服用を続けると、効果が薄れてしまう場合があるので、眠れない日が続いている場合に、単発的に服用するか、使用期間を決めて服用するなど、工夫して服用すると良いです。副作用は少ない薬品ですが、過剰摂取をしてしまると、その分副作用をも強くなってしまいます。薬品依存を避けるためにも、医療機関で処方を受けた場合には、事前に用法療法を理解した上で、服用すると安心です。睡眠導入剤の用法用量を正しく守って服用する事により、睡眠欲を満たす事ができます。
■睡眠導入剤がほしいなら通販でも購入できます
睡眠導入剤 通販

睡眠導入剤は本当に安全?

睡眠導入剤の服用を考えているというような場合にはさまざまなことが気になりますが、その一つとして多くの人が気にするポイントになっているのが「睡眠導入剤の安全性」についてです。
時折睡眠導入剤に関しては安全ではないと言われることもあるのですが、それは過去の話でしかありません。
現在処方される睡眠導入剤であれば、その多くが非常に優れた安全性を持つようになっています。
加えて、一般的に使用できる睡眠導入剤と呼ばれるタイプの薬であれば、その多くが「超短時間型」、もしくは「短時間型」に分類される物になっています。
これは薬を服用した直後は効果が発揮されるものの、服用御数時間が経過すると有効成分が全て分解され、効果が無くなるというようなものです。
睡眠薬などでは翌日まで効果が残ることがあるのは確かですが、超短時間型の場合は2~3時間程度で効果が切れることになりますから、翌日まで効果が残るということはほとんどありません。
ただしかし、全く副作用が無いのかと言われればそれは違います。
すぐに効果が切れるといっても効果が出ている間は催眠作用以外の効果が出ることもありますし、服用から睡眠までの記憶が無くなるという健忘症状などは多く報告されています。
そのため濫用等に関しては絶対に行わないように注意をしなくてはなりませんし、可能であれば医師の診察を受け、本当に処方されるべきなのかということについてもチェックをしておくべきです。
こうした薬が全国のドラッグストアで販売されるようになってからは比較的気軽に使用することができるようになったのは確かですが、どのような薬でも副作用はあるということをしっかり理解し、勝手に取扱説明書とは異なる服用方法を選ばないというように注意しましょう。

睡眠導入剤はだんだん効かなくなる?

睡眠導入剤を服用するにあたって確認しておかなくてはならないことは数多くありますが、その一つとして忘れてはならないものになっているのが耐性の存在です。
耐性とは人の体が自然に持つようになる、特定の医薬品成分に対する抵抗力のようなものです。
例えばAという薬があったとして、それを服用し続けた場合、その人の肝臓にはAという薬の成分を分解するための分解酵素が多く作られるようになりますから、効果が弱くなってくるのです。
では睡眠導入剤においてはどうなのかというと、医薬品成分は肝臓を通じて無毒化されますから同様のことが起きます。
継続して睡眠導入剤を服用している人の中には、時折「効果が見られなくなってきた」というような感想を抱く人がいるのですが、それはこの耐性ができたからだということになるのです。
ただ勘違いしてはならないのが、耐性ができたから特定の医薬品の効果が全く見られなくなるということはほとんど無いということです。
効果が効きづらくなったということはあっても効かなくなるということはほとんどありません。
そのため睡眠導入剤が効きづらくなったからと言って、別の薬を使わなくてはならないということは特にないのです。
むしろそこで問題になるのが、主観的な感想で効きづらくなったからということで勝手に服用量を増やしたりすることでしょう。
実際長期間不眠症に悩まされている人だと、本来の説明書で指定されていた量よりも多く飲んでしまっている人がいます。
ですが医薬品を大量に飲むと副作用が出やすくなる上、耐性も付きやすくなります。
もし本当に効果が見られないと感じたのであれば、それは医師に相談をして睡眠導入剤ではない睡眠薬を処方してもらうタイミングになったということですから、勝手に使い方を変えたりしないようにしてください。
■胃酸過多の方はこちら
ネキシウム
■不眠症改善におすすめのお薬
不眠症治療にメロセットがおすすめ